過払い金請求は弁護士に相談を

何年も前に借金をしている人で、長年に渡って返済をしているという人の場合では、過払いになっている可能性があると思います。法律改正があったのですが、それ以前に高い金利で借りた場合では利息は払い過ぎている状況にある場合もあるということです。法律が改正される以前の借入金では、高い金利で借金をしていたという問題点があって、、法定金利以上に支払っていることがあるのです。

 

それ以前の借金がある人で長年、返済をし続けているという人では、過払いになっていないか、調べたことはありますか?過払いの状態になっていたら、過払いの問題は弁護士事務所などで相談できますので、現在の法律に合わせて再計算をしてもらうことができます。調べてみて、過払いがあったという場合には、じつは、すでに完済をしているというようなこともあり得ますし、それ以上に、払っていることがわかれば、帰ってきます。

 

実際に、過払いがあってお金が返ってきたという人では、200万円の返済が残っていたのに、現在の法律に合わせて再計算をしたらすでに返す必要はなく、そのうえ、368万円も過払い金があったのを、お金を返してもらった事例もあります。このケースでは、10年以上も、同じ借金を返済していたということですが、それが、実はこのような過払いになっていたのですが、もしかすると、まだ、昔の消費者金融の借金があるのなら、過払いになっている可能性もありますから、心当たりがあったら、弁護士事務所などどで聞くとよいです。